おすすめ

今日のにっこりひまわり

東京婦人〔6022〕2019/10/11

2019年10月11日(金)晴れ

はばかり。

昨日のにっこりに、ままかりは今も昔も岡山名物で、はばかりは今も昔もトイレのこと、などと書きました。ほんとうに、そうなのか。

そこで調べてみた「大言海」。大槻先生は、「はばかり」についてどういう見解なのか。

 

はばかり

(一)ハバカルコト。畏レ慎ムコト。

(二)東京婦人ノ語ニ、人目ヲ憚る意ヨリ、厠、又ハ、厠ニ上ルコトノ隠語。

 

東京婦人ときたもんだ。江戸時代の弘化年間に生まれ、明治期に活躍した大槻先生にとって「東京」は、文明開化の新しい都だったのか。その文明開化の世の中の最先端をいく新時代の婦人が、厠、便所というのを憚って、「はばかり」と言い始めたのかも知れない。そうすると、はばかりは、「今も昔も」ではなくて、近代になってからトイレの意味を持つようになった、ということなのか。

真相は、わからない。

 

マニアなマニアな「大言海」ではなくて、ポピュラー代表の「大辞林」を見てみよう。三省堂ね。

これはまた、なかなか詳しい。

 

はばかり

1.はばかること。つつしみ、さしひかえること。遠慮。

2.さしさわりのあること。差し支え。支障。

3.便所。

4.「はばかりさま」の略。

 

実際は用例とか、もっと詳しく書いてるけど、こんな感じ。シンプルに「便所」だ。ここには東京婦人は登場しない。大辞林の初版が出たのは1988年と、極めて最近のこと。だから、すでに「はばかり」は老若男女、貴賎を問わず、トイレの意味で使うようになっていた訳だね。

でも、大槻先生の時代は、一般庶民は「厠」「便所」を使い、東京婦人だけが「はばかり」を使っていた。ということなんだろうか。そうすると、昨日のにっこりで登場したYさんは、純然たる高知婦人なので、「はばかり」を「ままかり」と間違うのも無理はない、ということなんだろうか。

 

で、便所って、今もいろんな呼び方されます。

トイレと呼ぶのが一番多いと思うけど、第二位はお手洗いかも知れません。化粧室というのもあるね。こういった言葉は、どうやら昭和になってから使われ始めたらしい。その証拠に、「大言海」に、便所の意味の「お手洗い」「手洗い」は載ってない。いわんや、化粧室をや、だ。

 

厠はまだしも、便所という語感がストレート過ぎていかんかったんでしょうな。

 

今、使わんなった言葉に、雪隠があります。これは中国からやってきた言葉で、由来は、雪隠寺というお寺さんで、トイレ掃除が好きなお坊さんが居た、とか、トイレで悟りを開いた、とか、いろんな説があるんだそう。もう、雪隠という言葉を使う人は、なかなかおらんけど、トイレで悟りを開くというのも、なかなかやね。

 

WC。

これも最近、使わんねー。Water Closet。高校の同級生で、学生時代に一緒に台湾を自転車で回ったM君。彼には年の離れた面白い弟がおりまして、その弟に「WCは何のことかわかるか?」と尋ねたら「うん○と○っこの略称よ」と即答したという逸話を、今、思い出しました。

 

どうでも良いですか?


←前日の日記2019年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー