おすすめ

今日のにっこりひまわり

バスより安いLCC〔5909〕2019/06/20

2019年6月20日(木)晴れ

今日、梅雨入りしなければ、1967年の遅い梅雨入り記録に並ぶけど、どうなんでしょうか。今朝は大阪。大阪の朝も、晴れている。今、関空へ向かう電車の中で、このにっこりを書いてます。

昨日、Jetstarでやってきて、今日、Jetstarで帰るのであるが、往復で、消費税も全部入れて6,600円。ああ。バスより安いLCC。

はりまや橋から大阪駅まで高速バスに乗ると、片道でも6,150円だから、安いにもほどがあるね。嬉しいけど。でも、飛行機の乗車率、そんなに高くありません。もっともっと乗らんと、高知関空便、なくなってしまうかも知れない。だからみんなも頑張って乗って欲しい。

 

乗ってみて思うこと。まだまだビジネス客が少ない。出張旅費節約にもなると思うけど、発着の時間を不便に感じるんでしょうね。うまく使うとこんなに便利、ということをまだまだ知らんのだとも思う。なくなったら困るので、みんなもっと使って欲しい、LCC。かなり前に予約すればもっと安い訳で、そうなるとバスの半額よりも安いLCC。どんな仕組みなんでしょうかね。嬉しいけど。

 

さて。写真は、地下鉄御堂筋線の吊り広告。問題のG20。

昨日は、近畿地方を中心としたこだわりの生産者さん、食品製造業者さんなどが集まった展示会。和歌山、大阪、奈良の方が多い商談会で、四国からの参加は弊社だけ。ヤギミルクと菜食健美をPRしてきました。その、終了後の懇親会でも話題になってたのが、これ。G20大阪サミット。

皆、食品に関わる人ばかりが集まってたので、当然流通は気になるところ。そして今月末のG20で実施される交通規制は凄まじくて、その対策の話題でこの業界は持ちきりなのでありました。

こんなんですよ、高速道路。市内の阪神高速は、ほぼほぼ通行止めだ。一般道がどんなことになるのか、予想もできない。ただでさえ慢性渋滞の大阪市内なんですがね。

 

この吊り広告に書いてるように、マイカー自粛とかは、まあ、わかる。問題は「業務用車両の運行調整」だ。僕らのように、毎日、生鮮食品を運んでいる者に「運行調整」と言われましてもね。

 

G20は、いわゆるサミット、主要国首脳会議では、ない。あれはG7で、それにEU、ロシア、新興11ヶ国が加わってG20。財務大臣・中央銀行総裁会議が中心かと思ってたら、首脳会合も行われてて、今回大阪で騒ぎになってるのが、その首脳会合。

ウィキによると、今年、日本各地でG20のいろんな会議が開催されるんだそう。あまり知られてないけど。

首脳会議は大阪だけども、財務大臣・中央銀行総裁会議は福岡。こないだ、済みました。労働雇用大臣会合は、今年9月に松山であるんだって。知ってました?

外務大臣会合が11月に名古屋で、貿易・経済大臣会合はこないだ、つくば市で開催されたそう。エネルギー関係大臣会合も、今月軽井沢で開催されました。

 

中でも注目を集めるのが首脳会合。だから警備が大変。こないだ、大阪で実弾入りの拳銃を奪って逃走した犯人が捕まらんかったら、更に大変なことになることろでした。いやいや、捕まって良かった良かった本当に。

 

それにしてもだ。

G7は、近年、警備しやすい地方や島とかで開催されるようになってきたらしい。G20も、そうすれば良いのに。無人島とか、リゾート島とかね。警備が大変で、生活や産業に多大な迷惑をかけてしまう大都市での開催に、何か意味があるんだろうか、と、昨日も話題になってました。いやはや、まったく。

例えば、こないだ行った宮古島なんか、最高やと思うけど。宮古島本島ではなくて、伊良部島とかね。空港も立派なのがあるし、閉鎖空間だし、景観は抜群だし。なにより警備が簡単で、お金かからない。

要は、カジノの立地とサミット、G20の開催地要件は、一緒なんだ。そう。まあ、国際政治も博打みたいなもんだし。

言い過ぎました。

こういった会議の開催場所については、G7を名護でやったりとか、なんとなく政治的思惑が入り乱れて、嫌。もっともっとシンプルに、お金がかからず国民生活に影響が少ない場所、という論点のみで考えて欲しい、と思ったことでした。僕らの業界の人、みんな同じこと、思ってます。ホントです。

 

そんなこと考えてたら、間も無く南海電車は関空へ到着だ。高知へ帰って仕事仕事。

バスより安いLCCで、高知へ帰ろう。


←前日の日記2019年06月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー