おすすめ

今日のにっこりひまわり

青柳橋の、月〔5613〕2018/08/28

2018年8月28日(火)晴れ!

良いお天気。

ここは今朝、4時過ぎの青柳橋。最初の青柳橋は、明治4年に架けられてます。五台山と稲荷新地を結ぶ橋。浦戸湾界隈の河川で、明治になって最初に架けられた本格的な橋が、青柳橋。それだけ、五台山方面と新地方面を結ぶ交通需要があったということか。青柳橋を、高知新聞を棺に入れた葬列が渡ったのが明治15年。自由民権運動の高揚記事を掲載した高知新聞が、当局によって発行禁止処分を受けたことに抗議する「新聞の葬式」ですな。

本町を出発した葬列は、稲荷新地を通り抜け、青柳橋を渡ったと言います。このコース取りも憎いね。当時の高知一の歓楽街、稲荷神地をわざわざ通り抜ける演出だ。

 

空にはお月様。

昨日、お月様のことを書いた際に「月のワルツ」のこと、書きました。チャンドラマハルの王子様だ。あの素敵な歌詞をつくったのはご存知湯川れい子さん。歌の始まりは、こう。

こんなに月が蒼い夜は 不思議なことが起きるよ

どこか深い森の中で さまようわたし

 

月が蒼いと、不思議なことが起きる。なるほど。蒼い月というのは珍しいですきんね。

ところで青い月で思い出すのは「月がとっても青いから~」

 

月がとっても青いから 遠回りして帰ろ

 

恋人二人が、青い月の下、時間をたっぷりと楽しみながら遠回りして家路ににつく。そんな風景。ここで出てくる青い月は、ロマンチックな雰囲気を盛り上げるお月様。

 

そうそう。今、火星が大接近していて、夜になると南の空で赤く輝いてます。が、火星から見た夕焼けは青い。そう。火星の夕焼けは青いんだそう。理由は色々あるけど、ややこしいので、調べて見てください。

火星の青い夕焼けの動画を探してたら、また、こんなのが出てきました。まあね。どこで撮影してるのか知らんけど、月に構築物とか、火星に生物とか、こういった類のネタは果てしなく出てきますね。陰謀論とか、差別的とんでも言説と同じ。

あなたは政府やマスコミに騙されている。真実は、こうだ。という類の話ね。スマホの普及でどんどんと情報が溢れるようになり、そういったネットの流言を、本当に信じてしまう輩がでてくることが信じられない。ネットリテラシーの向上が求められます。

 

実際の世の中は、そんなに軽くて陰謀めいていない。もっと、神秘的で美しい。

青い月、ブルームーンは、めったに見ることができないもの。だから、”once in a blue moon”は、極めて稀なこと、という慣用句であるとウィキにも書いてます。

生き物の姿形や生活、地球の見事な成り立ちとプレート運動、岩石の美しさ、青い夕焼け、青い月。

 

大自然は、神秘的な驚きと発見と魅力に満ちているから、僕にはUFOも陰謀論も必要ないのだ。

 

月がとっても青いから~


←前日の日記2018年08月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー