おすすめ

今日のにっこりひまわり

世の中は「想い」でできている〔5297〕2017/10/16

2017年10月16日(月)小雨

小雨降る朝。

普段、月曜日の朝は、かなり早起きするのでありますが、今朝は少し遅め。昨夜、ある祝賀会に参加して、飲んでおりましたので。

ここは今朝の潮江天満宮。少し遅くなってしまったので午前5時頃。もう、拝殿の扉は開けられていました。小雨降る鎮守の杜は、マイナスイオンの森。身体に染み通るようなマイナスイオンの空気に満ち溢れた空間。雨の神社は、好きです。

 

この写真は、本殿の裏手から撮影しました。右側が本殿。裸電球のオレンジ色の灯りが霧のような雨を照らし出して美しい。雨に裸電球はよく似合う。

左側に祠が見えます。右手前には、木の柵。

そう。ここにかつて屹立していたのが、霊杉。れいさん、と読みます。幾度かご紹介してきた、潮江天満宮の霊杉。

天保年間と言いますので、今から180年くらい前のこと。

本殿横に屹立する杉の巨木が、本殿に支障がある状態になってきた。そこである晩、氏子さんたちが天満宮に集まって、伐採の協議をしたそうです。その晩、高知を嵐が襲う。暴風雨。

夜が明けてみると、その杉の木が、社殿にまぎらん方向へと枝が曲がっていた、という話。これは、杉の木の神様のメッセージだ。奇瑞である。ということで、その杉の木を霊杉としてお祀りするようになった訳だ。

その経緯を刻んだ碑、霊杉之碑が、土佐史研究家奥宮正路氏の拝撰で刻まれたのは、明治17年6月。

その霊杉も、昭和20年、太平洋戦争の空襲によって焼失してしまいました。

しかし碑は残り、杉の木の根元から新しい杉の木が生えてきた。今も、霊杉として祀られつづけていることが、このきれいにお祀りされた祠からわかる。

 

こうやって、歴史は刻まれ、想いが伝えられていく。

今朝の高知新聞に、岩原神楽が、子供達に継承されていくという記事が載ってました。地元の皆さんがとても喜んでいる雰囲気よくわかる、記事。岩原は、藤原純友の落人に端を発するという伝承がある集落。そこで営まれてきた独特の神楽が、子供達に継承されてゆく。

歴史は刻まれ、想いが伝えられていく。

 

僕らはものづくりの会社を営んでいます。

ものづくりとは、想いを形にしていくこと。想いを形にし、そして人々に伝え、人々を幸せにする。

 

世の中は、「想い」で成り立っている。


←前日の日記2017年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー