おすすめ

今日のにっこりひまわり

参道脇の笠木とムカデ〔3823〕2013/10/03

参道脇の笠木とムカデ

2013年10月3日(木)晴れ!

エイ感じに晴れちょります。日中は30℃と暑く、朝晩は涼しい、そんな秋の日が続く、高知県地方。ここは今朝の野市、上岡八幡宮さん。

ここは、物部川河口に広がる扇状地の、段丘の端っこ。この境内から南側は、数メートル下がった河口の平野。段丘上の境内には、過去、津波は押し寄せたでしょうか。安政の南海地震では無事でした。たぶん、宝永の南海地震でも無事。宝永の際は、恐らく、この境内の下のところまでは押し寄せたと思われます。古いお宮さんは、そんな場所に建つことが多いのであります。

そこに見える、参道入り口の鳥居。柱に刻まれちゅう文字を転載しますと、「嘉永四年歳在辛亥三月吉日」
嘉永4年3月は、西暦で言えば1851年。いよいよ幕末、風雲急を告げてくる時期。ペリーがやって来たのはその翌々年。そして、安政南海地震はその翌年。この鳥居が立てられて3年後、安政南海地震が、ここ、土佐を襲いました。
この鳥居は、その揺れにも耐え、ビクともせずに、ここに屹立しちょったと思われます。しかし。

その安政南海地震から91年後の、米軍の爆撃には耐えれませんでした。物部川の対岸に海軍高知航空隊の飛行場と基地があったので、米軍の重要攻撃目標になったがはご承知の通り。太平洋から飛んで来たグラマンの編隊は、一旦香長平野上空を北上し、Uターンして攻撃を仕掛けてきたと言います。
その際、ここ上岡も、爆撃されました。
上岡山には数十メートルの壕が掘られ、防御の拠点ともなっちょりました。それを知っちょったのかどうなのか、米軍は、この八幡様周辺にも爆撃を加えたのでありました。
拝殿や本殿は、なんとか無事やったにかありません。しかし。参道の鳥居は無残。

ここから段丘の下に下り、南東に延びる田んぼの中の参道。その先に立っちょった鳥居は、現在も、爆撃で破壊されたままの状態で、折れた脚だけが残っちょります。上岡山の南側、物部川の渡しから参拝してきた旧参道の鳥居や狛犬も、当時のまま、破壊された状態で残ります。そしてここ。

いや、地元の方に確認した訳ぢゃあないので、間違うちゅうかも知れませんが、この、参道入り口の鳥居も、爆撃被害を今に残すものやと思います。
鳥居の一番上の笠木、島木と、その下の貫の部分、よく見ると色が違います。新しい石材でできちょります。そして。写真手前、参道の隅っこに置かれた石。これは、間違いなく、昔はあの鳥居のパーツであった笠木。
類推するに、グラマンの爆撃で、この鳥居も破壊されたのでありましょう。上に書いたように、他の破壊された鳥居や狛犬はそのままにされましたが、この、参道入り口の重要な鳥居だけは、キチンと修理、再建されたがやと思います。南海地震にも耐えた鳥居は、戦争には耐えれんかった、という訳です。

地面に置かれた笠木の、こちら側の面をご覧下さい。大きなムカデ。近寄っても動かない。動じない。おかしいねや、と思うて、もっと近寄って見てみたら、一心不乱に朝食中でした。なるほど。

地震がきても津波がきても、戦争で破壊されても、大自然の営みは、悠久の時間の中でつづいていくのでありました。


←前日の日記2013年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー