おすすめ

今日のにっこりひまわり

秋山兄弟、天気晴朗デ、コヂャント暑ヒ〔1925〕2008/07/23

秋山兄弟、天気晴朗デ、コヂャント暑ヒ

2008年7月23日(水)松山も暑いぞなもし

そんな訳で今朝は松山ぞなもし。昨日、車でやって来ました。夜は一番町のホテルの屋上にあるビヤガーデンで大騒ぎ。それから二番町界隈でほたこえよったので、今朝はギラギラの朝日が痛かったです。街中をたつくった後、いつもの松山城へ一気に駆け上った訳ですが、早朝とはいえ強烈な夏の日差しが襲いかかってくるので、昨夜のアルコールと一緒に汗がドバーっと吹き出してきて、心地よかったです。

ここは大街道を北へ抜けてちょっとだけ東へ行った所。ちょうど3年前、2005年7月21日のにっこりでも一度ご紹介しちゅう、秋山兄弟生家。

もちろんご存じの通り、来年のNHK大河ドラマ「坂の上の雲」の主人公、秋山好古、真之兄弟ですね。日露戦争の頃の英雄で、古武士の風格の兄、好古さんと天才参謀と言われた弟、真之さんは、その能力、人格すべてにこぢゃんと優れちょったとされちょります。

この写真の右端に写る騎馬姿の像が兄の好古さんで、左端の座像が弟の真之さん。

有名なのは、日本海会戦でロシアのバルチック艦隊を完膚無きまでにやっつけた作戦を立案したがが、この、弟の真之さんという話。で、まさに出動する際に打った電文に「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」と付け加えた話も有名。この付け加えには、実は文学的な意味はなく、作戦遂行上の意味があった、と、今では解釈されちょりますね。まず、濃霧の発生しやすい日本海で会戦すると、霧に紛れて港へ逃げ込まれてしまう、ということがありがちですけんど、「晴朗」ならその心配は無い、ということ。それから、砲手の練度が高い日本の艦隊は、波が高くても正確な砲撃ができるので、「波高シ」の方が有利、というメッセージやったらしいがです。それを簡潔に述べたのが「天気晴朗ナレドモ波高シ」という美文やった、ということですね。

来年の大河ドラマも楽しみです。


←前日の日記2008年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー