おすすめ

今日のにっこりひまわり

UFO船の構造に迫る〔1917〕2008/07/15

UFO船の構造に迫る

2008年7月15日(火)晴れちょります

今日も朝からあづいですな。今年はまだ鳴かんにゃあ、と思いよったクマゼミも、こないだうちからワシャワシャワシャワシャと、夏の暑さを盛り上げてくれよります。夏です。

今朝は、UFO船の謎に迫ってみたいと思います。ディープなにっこりの読者の方は、高知の不思議なオブジェ「UFO船」につきまして、ひまわり太郎がぎっちり考察しゆうがをご存じと思います。で、本日は、そのUFO船の構造について考えてみようと思います。

写真は、今朝の天神大橋横のUFO船。川岸からズームで撮影してみました。

もう、10年以上も、ここに係留されちゅうがやないでしょうか、UFO船。昔、鏡川や浦戸湾をクルーズしよりました。この仲間が宇津野トンネルの向こう、灘の漁港に3機係留されて、秘密基地になっちゅうことは、今年3月17日のにっこりで暴いちょります。それをご覧頂ければわかりますように、この屋根の部分、上がったり下がったりできる可動式になっちゅうがです。もう、7~8年前になると思いますが、鏡川で7月の終わりにやりよったフェスティバル土佐鏡川まつりで、このUFO船に乗りました。Jr.達と一緒でした。あの時は既に通常営業はしておらず、お祭りに合わせての臨時営業。ですきに、15分くらいの短い航海でした。その際の記憶では、この屋根、川面を走りながら、上がったり下がったりするがです。上のランプをピカピカさせながら。

ご覧の船内、四角い台の上にレバーが見えますが、あそこが運転席。で、船縁にグルリと腰掛けがついちょります。そんなシンプルな構造ですが、運転は結構難しそうでした。で、足下は結構広いスペースができますきに、そこにテーブルを置いて、料理を並べたらおきゃくができます。こうやって見るにつけ、何とか補修して復活してもらいたいですね。屋根の左に「UFO」とペイントされ、自ら未確認飛行物体と主張しゆうところが可愛いUFO船です。


←前日の日記2008年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー