おすすめ

今日のにっこりひまわり

大山祇神社のクチナシの花〔1518〕2007/06/12

大山祇神社のクチナシの花

2007年6月12日(火)快晴!

い~~~まではゆび~わも~~  ま~~~わるほど~~

今日も暑い一日になりそうな高知市内。ここは昨日の朝と同じ潮江天満宮境内社、大山祇神社の木陰。ここへ登る急な石段の脇には、ご覧の様なクチナシの花が、今、咲き誇りよります。香りが素敵なクチナシの花。向こう側に写っちゅうのは潮江天満宮の本殿の大きな屋根です。

クチナシは梔子という難しい字を書きます。パソコンやき変換できますが、手ではよう書きませんな。晩秋の頃に赤っぽい実が成ります。丸く、口をすぼめた形の実。で、口を開かないので口なし。ということらしいです。

大山祇神社のお社のすぐ近くと、そこから南へ参道を降りていく途中に咲いちょります、クチナシ。

冒頭の歌詞は、ご説明の必要もないですね。今日は、朝、この花を見てしもうてからずうっと、頭の中をこの歌が占領してエンドレスに流れよります。それほどまでに、クチナシと言えば渡哲也さんなのでございますね。

くちなしの~ はなの~~ はなのかお~りが~~

たびじのはてまで ついてくる~

という歌詞の通り、その印象的な香りはどこまでもついて来るがですが、この歌のメロディーと歌詞も、頭の中でどこまでもついて来るがです。少なくとも今日の今日はお昼頃までは。


←前日の日記2007年06月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー