おすすめ

今日のにっこりひまわり

椿の花と椿三十郎〔1375〕2007/01/20

椿の花と椿三十郎

2007年1月20日(土)晴れ一時曇り

今日もヌクうございます。早朝から南国工場界隈を歩きよりましたが、全然冷ようございませんでした。最低気温は6℃を超えちょります。

ここは南国工場。事務所の横の緑地には、高知特産の柑橘系「文旦」の実が成り、そして赤と白の椿の花が鮮やかに咲き誇りよります。

写真は、その中の赤い椿。椿も、園芸種やらで沢山の種類があるようで、それぞれの樹によって花の形や花びらの固さ、葉っぱの様子が違います。この花はちょっと丸みを帯びた花で、すっきりした容姿。なかなかのもんです。

「椿」で頭にしゅっと浮かぶのは「椿三十郎」。昔、黒澤明監督、三船敏郎主演でつくられた傑作で、ひまわり太郎もかなり好きな映画。加山雄三さんたち若侍との競演が面白かったです。「用心棒」の続編、みたいな感じでつくられちょったですね。「用心棒」では、用心棒に雇われる際の三船敏郎さんが名前を尋ねられ、しばらく間をおいて、遠くに見える桑畑を眺めながら「桑畑・・・三十郎。いや、もうすぐ四十郎かな・・」と、ひとを食った返答をする名場面が印象的。「椿三十郎」でも、同じ様に名前を尋ねられた三船敏郎さんが、庭の椿の花を眺めながら「椿・・・三十郎。いや、もうすぐ四十郎かな・・」と答えるがやったと記憶しちょります。シブイですな。

で、このたび、織田裕二主演、森田芳光監督でその「椿三十郎」がリメイクされるとの話が出ちょりますね。45年ぶりのリメイク。さあ、あのシブさが再現できるか。興味深いところですな。


←前日の日記2007年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー